仕事を探そう

読書

編集の求人を探す場合、出版業界限定で仕事が見つけられる求人サイトを利用するのが良いでしょう。中には新卒求人も掲載しているサイトもあるので、出版業界で働くことを決めている人はチェックしてみるのが良いでしょう。

» 詳しくはこちら

中途採用の場合

読書

中途採用で編集の求人に応募する場合、スキルや経験が必要となりますが、それ以外でもコミュニケーション能力なども求められてきます。自分の強みを理解して自己PRするのが良いでしょう。

» 詳しくはこちら

出版業界の今を知る

読書

編集の求人を探すときには、雇用形態をチェックしますが、現在では正社員や派遣社員での募集が多くなっています。どちらの雇用形態で応募するにしても、その出版がメインで取り扱っているジャンルへの興味が求められます。

» 詳しくはこちら

仕事について理解する

本や雑誌ができるまでの流れ

読書

あらゆる業界の中でも出版業界における編集の仕事は様々な作業工程があります。編集の仕事をしたいというのであれば、まずは仕事について理解しておくようにしましょう。基本的に、出版業界における編集の仕事は1人で本一冊の規格から製本まで行なうと言われていますが、会社によってその作業分担は変わってきます。本や雑誌の制作工程としては、まずは企画を行ない、その後は執筆に入ります。雑誌の場合は執筆ではなく撮影や取材などを行ないます。その後編集、入稿、校正という流れで制作を進めていきます。出版社によっては、企画だけ自社で行なってその他の作業は全て外注で進めていく場合もあります。求人を探す際に、編集の仕事がしたくて入社したのに企画しか行なっていなかったということにならないように、求人に応募する出版社がどのような仕事をしているか確認しておくのが良いでしょう。校正まで終わると印刷と製本をして一冊の本や雑誌が完成となります。

小さい会社はやり甲斐がある

編集の仕事がある求人といっても会社によって任される仕事内容は異なります。特に大手と中小企業では任される仕事の量が違うと言われており、大手では数人で手がける場合でも、中小企業では1人で全て任される場合があります。元々編集の技術や経験があり、もっと大きな仕事をしてみたいという人であれば、任される仕事の量が多い企業を選ぶのが良いでしょう。基本的に、企業ではすぐに即戦力として働いてくれる人材を求めているので、経験があれば大手や中小企業のどちらにおいても活躍の幅は広がると言えるでしょう。